前十字靭帯再建手術12 術後2ヶ月


術後1ヶ月半の診察で

松葉杖はもう使わないでいいですよ と言われたので

不安な時だけ1本松葉杖を使いながら

徐々に松葉杖無しに慣らしていきました

術後1ヶ月半を過ぎたこの頃は

なんとか松葉杖無しで歩けるものの

まだまだ不安定だし

歩き方も変



歩くスピードも遅く

それなりに痛い



でも、足は使えばそれなりに慣れてくるし

自然に筋力も戻ってくるもので

10月6日

毎年恒例赤レンガ倉庫で開催される

オクトーバーフェスタに行くことができました~

            

e0333910_15535886.jpg
もちろんるんちゃんあし君も一緒です

e0333910_15535809.jpg
るんちゃんとあたし

あし君はさかなちゃんと戯れていました
e0333910_15535780.jpg
e0333910_15535830.jpg
e0333910_15535733.jpg

この時は、すでに松葉杖はついていませんでしたが

まだ不安定

松葉杖無しでるんちゃんあし君のリードを一人で持つのには

かなり不安がありました

でも、まぁ だいぶいい感じ

そんなこともあっての

10月12日 満を持して

るんちゃんあし君の早朝散歩を再開しました~

            

でも、まだゆっくりしか歩けなかったから

るんちゃんあし君には世話をかけました
e0333910_16074518.jpg



さて

リハビリですが

一応、週に1回真面目に通っています

ただ、前回で

執刀医との連携が全く取れていない

でも、執刀医の許可がないと先に進まない ということが発覚したので

理学療法士の先生がどこまでやろうとしていて

あたしは何をすればいいのか

痛みが出たらどうしたらいいのか

よくわからないまま通っている・・・という感じでした

ところが

前回の診察で執刀医に「軽いスクワットとかして筋力付けてくださいね」と言われたので

それを理学療法士の先生に伝えたところ

けっこう本格的なスクワットを教えていただき

それがけっこう痛くて上手くできず

自宅ではなんとなくスクワットとなんとなくストレッチでやり過ごし

リハビリでは「教えたようにできていない」と言われ

やろうとしても

あたしの膝はまだそんな思うように動かないの



そして、さらにリハビリではグイグイと膝を曲げようとする

これがまだ90℃くらいしか曲がらないあたしの膝にはきつくて痛い

「痛いです」と涙ながらに訴えると

一応、止めてはくれるんだけど

他の筋肉などをマッサージしてほぐした後

また曲げようとグイグイ







どーなのこれ

2ヶ月近くほとんど曲げないでいるあたしの膝

おまけに金属の棒(関節鏡)入れられた侵襲もある膝

その時、ちょっとマッサージしたって急に曲がるようになるわけないと思うんですけど







あたしがあんまり「痛い」「痛い」というと

ちょっと残念そうになって

術後2ヶ月だったら もうちょっと曲がってもいいんだけど・・・ってブツブツ言われ

逆にあたしが申し訳ない気分になるリハビリにちょっと嫌気がさした頃

待ちに待った診察日がやってきました

この頃になると

松葉杖なくてもけっこう歩けるようになっていて

ちょっと歩き方が変かなぁ~って位かな

(笑)

あ、でも歩く速度はまだまだ遅いです

診察を待ちに待った理由は

3つ

まず、だいぶ歩けるようになったけど走ったりジャンプしたりしなければ

距離はどんなに歩いてもいいのかってことと

リハビリでとにかく膝を曲げることを要求されるけど

痛くても耐えて曲げてもらった方がいいのかってこと

あと、まだ残る痛みについて でした

それについて主治医の先生のお答えは

歩く距離は、もちろん無理のない程度でどんなに歩いてもいいですよ~

そして、膝の屈曲については

あたしはアスリートではないので、そんなに無理に曲げなくても

装具が取れて普通に生活していれば

そのうち自然に曲がるようになる

それに

そんな装具つけていたら曲がらないでしょ・・・ですって



痛みはやはり関節鏡を入れた影響が大きいので

筋力をつけて膝が自然に動くようになって

徐々に軽減されていくんじゃないかなとのこと

痛みには多少不安があったので安心できました



ただ、リハビリについては

理学療法士の先生の方針と多少のズレがあるようで

装具が取れて日常生活を送っていれば、それがリハビリにもなるみたいだし

リハビリは「ながらでいいよ~」って

ということは

週に1回、リハビリに通う意味ってあるのかなって疑問が

でも、まぁ理学療法士の先生も一生懸命やってくださっているし

次の診察の時に

「リハビリはいつまで続けますか」って聞いてみようかな~

そして、次の診察は11月の終わり頃

それまでの目標は装具を取ること

でも、犬の散歩の時はつけることって条件です

術後2ヶ月半の診察が終わって

移植靭帯も順調のようで

たくさん歩いてもいいですよって言われてから

時期も良かったのか

あたしの膝の状態は日に日に良くなっているように感じます

歩いている時の痛みも軽くなり

階段の上り下りもスムーズになりつつあります

生きてるって素晴らしいわ~

やっかいなこの装具とはもうちょっとのお付き合いですね
e0333910_17160800.jpg





にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ

メールはこちら

[PR]
# by lourdes-ashley | 2016-11-01 17:29 | 前十字靭帯再建手術 | Comments(0)

前十字靭帯再建手術11 術後1ヶ月半はこんな感じ


術後2週間目の診察で両足を使っていいことになり

生活の質がものすごく良くなったのは

前回までの記事



この後の主治医の診察は1ヶ月後

その間のリハビリは予定通り

近所の整形外科に転院しました

執刀医じゃないし

その病院が靭帯再建後のリハビリの経験がどのくらいあるのかわからないので

ちょっと不安な面もあったけど

一応、執刀医のいる病院と連携もありそうだったので

頻繁に通うようになるリハビリは近所の方が絶対いいものね



そして、そこで1回目のリハビリ

退院時に教えていただいたリハビリの動きの他に

新たな動きを教えていただきました
e0333910_11264747.jpg
こうやってうつ伏せに寝て

膝を曲げるのです

とにかく落ちてしまっている右足の筋肉を鍛えましょうってことだったんだけど
このリハビリを家に持ち帰って3~4日経った頃

今まで感じたことが無かった痛みを膝に感じるようになりました

痛い







あたしがリハビリの方法を間違えちゃったのか

はたまた別の原因か

とにかく痛くて

膝に力を入れることもできない

退院後、それほど痛みを感じずにきたので

この時の痛みにはかなりビックリしました

そこで

慌てて近所の整形外科を受診したんですが







膝の痛みを一生懸命伝えても

いまいち伝わった感が無い



挙句に

「靭帯再建後でそういう痛みはあまり聞いたことが無いなぁ~」と言われ

一応、レントゲンを撮ったんですが

まぁ、多分だけど

靭帯や筋肉の問題だと思うので

今更骨に問題があっても困るなぁ~なんて思いつつ

ピンを入れた自分の膝を見てみたい・・・というのもあって

レントゲンを撮っていただきました

結果はもちろん異常なし



原因がわからないので

痛いなら安静に・・・ということになりました



あたしはとにかく再断裂が怖い

再断裂する可能性が無ければ多少痛くてもかまわない

この痛みが再断裂につながるようなものでなければいいんです

そう訴えても

答えは「それは検査しないとわからない」でした

その検査は「内視鏡」とのことで

ちょっとをぃをぃですね



安静に・・・と言われたので

リハビリに行っても出来ることはなく

何をするにも

執刀医・主治医の確認・指示が必要で

主治医の診察まで

だいぶ歩き慣れた松葉杖も2本から1本にすることもできず

1ヶ月したら車の運転もいいですよ・・・と言われていた

1ヶ月を過ぎても

診察がまだなので

近所の整形外科医もリハビリの理学療法士もOKを出してくれなくて

何の進展もなく

膝の痛みを抱えたまま

ただじっと主治医の診察を待たなくてはならないのは

とても不安でした



前回の主治医の診察の時

「次はもう松葉杖はいらないね」って言われたことを思い出し

このままで本当に松葉杖を外せるんだろうかと半信半疑な感じ



とにかく一刻も早く主治医の診察を受けて

今の状況から脱したい

そんな気持ちで待ちに待った主治医の診察

わたしが両松葉杖で診察室に入っていくと

先生の第一声は

「あれぇ~まだ松葉杖してるのもうなくても大丈夫だよ」でした

あぁ・・・その言葉、もっと早く聞きたかった

そして、膝の痛みは

関節鏡を入れたところなので時々出る痛みとのこと

特に女性は痛みが残る場合があると術前に聞いていた痛みでした

近所の整形外科医に「あんまり聞いたことない痛み」と言われて

かなり不安だったのですが

やっと安心できました

なんだか近所の整形外科はちょっと頼りない感じだなぁ~



ま、松葉杖無しで歩いてよいということは

今までよりさらに足を使っていいということで

完全復帰にはまだほど遠い状態だけど

再断裂しなければ

多少痛くても

復活が遅くてもいいんだぁ~



ちなみに

8月15日に手術して

9月22日に初めてるんちゃん達と軽いロング散歩に行きました

もちろん松葉杖付き



この時はまだけっこう不安定でしたね

それに

久しぶりのロング散歩にるんちゃん達の興奮もマックスだったし

けっこう危なかったかも



まだ、毎朝ロング散歩に行こうって

とても思えませんでしたね



術前は、術後1ヶ月もしたらるんちゃん達の散歩位

行けてるだろうと思っていたのですが

とんでもなかった

術後1ヶ月半

まだまだ足は不安定で、ちょっと動かせばそれなりに痛い

リハビリも思うように進んでいない

こんな状況

次の診察はまた1ヶ月後

10月の終わりの予定で~す

e0333910_18432024.jpg
e0333910_18432010.jpg





にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
メールはこちら

[PR]
# by lourdes-ashley | 2016-10-22 18:46 | 前十字靭帯再建手術 | Comments(0)

前十字靭帯再建手術10 退院後1週間の苦労と入院中のるんあし


本来2週間入院が必要な手術で

1週間で退院してきたので

退院後の生活は

絶対、手術した足を使わないということが条件でした

あたしはとにかく1週間で帰れるならって

退院後の生活のことはそれほど真剣に考えてなかった

術前の診察でも「痛み」のことを中心に退院後の話をしていたので

帰れるのならどんなに痛くても頑張ります



っていってた

ところが

実際、退院してみると

いわゆる痛みはほとんど無く

右足を使わない両松葉杖の

想像もしていなかった大変な生活が待っていたのです



まず、両方に松葉杖を持っているということは

物を持って歩けない



ほんの50cmの移動も松葉杖を使うので簡単じゃない

足を使わないようにはしているものの

万が一 転んだり

誤って足をついてしまわないように

いつも気を張っていなくてはならない

本当に大変でした

るんちゃんあし君のお散歩はおろか

排泄だってさせてあげることはできず

家族のお世話になりました

こんな状態でよく帰って良いって言ったなぁ~

っていうのが正直な感想ですが

一応、予定通り退院翌日から仕事復帰はできました

大変・・・というより

非常に面倒くさいというのが正しいかな



本当にいろんな人のお世話になりました



退院して1週間後、再診に行き

あたしが最初に言ったことは

「もう反対の足が限界です

右足を使わない生活なので

反対の左足に思いっきり負担がかかります

筋肉痛はもちろん

左の股関節はバキバキいって痛いし

左足だけで何かをしようとして

今度は左の膝の靭帯を切るんじゃないかと焦ったこともありました

でも、いろんな方に助けていただき

右足をかばって生活したおかけで

足を着いていいですよ

体重も徐々に全部乗せていっていいですよ

でも、曲げた状態で加重しないでね

という状態に昇格しました



松葉杖は使っていますが

両足を使っていいというのはこんなに楽なんだと感動するほど

生活の質が向上しました

(笑)

そして

次の再診は1ヶ月後

リハビリに関しては

近所の病院に転院することになりました

ここまでで

術後2週間

実は1回しかリハビリに行ってません

その1回で指導されたリハビリ(主に筋トレ)は地道にやっていましたが

何よりも再断裂が怖くて

ちょっとでも違和感や痛みがあると無理が出来ず

こんなんでリハビリになっているのかなって不安な感じ



とにかく再断裂が怖い

術後3週間は貪食期間と言って

移植された腱を周りの組織が貪食し一番脆くなる時期

それから3週間で結合織や血管が増生し

移植した腱が強くなっていくと説明を受けたので

やっぱり3週間はいろいろ怖くて積極的なことはできませんでした

多少、痛みや違和感があっても

どんどん動かしてリハビリしていいですよって言われるまでは

大事にしていかなくてはならないかなって思ってます


さて

約1週間の入院生活の間のるんちゃんあし君ですが

毎日、家族から

「本日のるん・あし」画像が送られてきました

あたしが入院中のるん・あしです
e0333910_12044083.jpg
e0333910_12044029.jpg
e0333910_12044028.jpg

e0333910_12044080.jpg
e0333910_12043969.jpg

毎朝「おはよ~」って

るん・あしの画像が家族から送られてきました

あたしは毎朝「今日も元気そうにしてるな」って画像を見て安心し

そして会いたくて会いたくて



今は退院してるん・あしとベタベタな生活をしています

まだ、十分にお世話をしてあげられないけど

退院後、お風呂にも入れたし

排泄のお散歩位は松葉杖ついて行けるようになったし

後はロング散歩ですね

もうちょっと待っててね

るんちゃんあし君




にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ

メールはこちら

[PR]
# by lourdes-ashley | 2016-09-23 10:35 | 前十字靭帯再建手術 | Comments(0)

前十字靭帯再建手術9 いよいよ退院♪


長らくお付き合いいただきました

前十字靭帯再建手術入院記もいよいよ最終

いよいよ退院で~す



最後の朝ごはん
e0333910_10583068.jpg
またしてもとっ散らかって登場



全くどーにかならんのかね

とりあえず、ヨーグルトだけいただきました



さて

退院の日は予報通り台風が関東地方を直撃していました

ただ、雨風は予報よりは軽く

これなら大丈夫ということで

母が退院の日に来てくれることになりました

退院の手続きは

まず、病棟に請求書が届く

隣の棟の会計事務まで支払いに行く

その領収書を病棟に持っていって、病棟事務に見せる

いよいよ退院

こんな段取りになっています

なので

まず、会計から請求書が届くのを待っていると

思ったよりも早く

朝9時過ぎに請求書が届きました

母が来るのは11時過ぎの予定だったので

ヘルパーさんに介助してもらえれば

あたし一人で支払いに行けるので

昨日頼んでおいたように

支払いに行くのにヘルパーさんの介助をお願いしました

すると







しばらく待たされた後

「あの~すみません、今日はヘルパーさんが少なくてちょっと無理なんです」





だって、昨日お願いしておいたのに

あたしはちょっとビックリ



まぁ、松葉杖で行けないことも無い

でも、雨だと院内の床も濡れてて

滑るのがちょっと怖い

絶対転んじゃいけないあたしには隣の棟の会計まで行くのは

かなり大変な道のりなんだけど

手伝えないというんじゃ、自分でやるしかない

あたしは滑らないように細心の注意を払いながら

必死の思いでお支払いを済ませ

病棟に戻る

台風が来てるからなるべく早く帰りたい

タクシーとは言え

高速が通行止めになったり

それで一般道が激混みになったりしたら大変だもの

そうこうしているうちに母が無事到着しました

後はお薬貰って帰るだけ



思ったら

最後まで期待を裏切らず対応の悪さか段取りの悪さか

午前中退院の予定だったあたしのお薬の用意が出来たのは

午後1時を回っていました

会計済んでから待たされること2時間



いい加減にしろよ!

本当に声を大にして言いたかった



なんて病院だよ

こうも対応が悪いのは大学病院だからかなぁ~

それにしてもひどい病棟でした

2時間待ってお薬貰ってやっとのことで

あたしと母は帰宅の途につきました

帰りは家までタクシーって思ってたのに

勿体無いという母の一言で

電車で帰ってきました~

けっこう大変でした~

(笑)

でもね

本来、2週間入院しなくてはならないところ

強引に1週間で退院したので

退院後、次回の診察の1週間後まで

絶対、患足を使うなという指示が出ていました

それでも、帰れるなら

仕事復帰できるならと

1週間で退院することを決めたのですが

これが思ったより大変で

退院して一安心では決してなかったのでした

なので

もうちょっとつづく




にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ

メールはこちら

[PR]
# by lourdes-ashley | 2016-09-18 09:53 | 前十字靭帯再建手術 | Comments(2)

前十字靭帯再建手術8 明日は退院♪


明日はいよいよ退院

ちょっと台風が気になるけど

帰れるというのはものすごい喜び



そんな朝

この1週間を締めくくる凄い朝ごはんが登場しました

その朝ごはんは
e0333910_17224105.jpg
こんな風に登場

見ればわかるようにトレーの上にとっ散らかってやってくる

ここのご飯はトレーの上の配置とか全然関係ない

そんなの関係ねぇ~なの

蓋を開けると
e0333910_17254242.jpg
泣きそう



とりあえずまとめると
e0333910_17264696.jpg
こうなるんだけど

それにしてもさみしい朝ごはんだよね~

あたしはこの時

刑務所のご飯の方がまだ豪華なんじゃないかと思いましたね

入院中、暇だったあたしは毎回ご飯をLINEで送ったりしてたんだけど

この日の朝ごはんは、みんなにも衝撃を与えました

(笑)

そうそう

トレーの上の配置だけど

いつもとっ散らかっていて

それを、綺麗に並べてから写真を撮っていたんだけど

全く人が食べるものを配膳しているという自覚の無い置き方に

怒りを通り越して呆れるとはこういうことだわね



さて、この夏は台風が多かった

あたしの退院予定日は台風関東直撃の気配が濃厚で

片足で両松葉杖のあたしはどうやって帰るか

いや・・・帰れるのか

かなり深刻になってきました

家族が迎えに来てくれるとは言っても

電車も止まるかもしれないし

念の為、自力で帰る方法も確保しておかなくては







という訳で

退院当日にしなくてはならない

会計と1週間分の荷物を病棟から出口のタクシーまで持っていくのを

ヘルパーさんに介助してもらうようお願いしました

これで安心です

退院を翌日に控えて

ウキウキなあたしはちょこちょこ荷物を整理して帰る準備

そうこうしているうちにお昼ご飯がきました
e0333910_18010144.jpg
ビーフシチューなんですって

なんだか今日はひもじい感じのご飯が続きます

日曜日は栄養士さんのやる気がさらに落ちるんでしょうかね

まぁ、もうどーでもいいんですけどね

この頃になると

暇な時間は松葉杖で病棟をウロウロして時間を潰せるようになってきました

自販機コーナーにあるベンチに座って

のんびりコーヒーを飲んだり

自分の部屋から見える景色とは違う景色をみたり

他の入院患者さんとお話したり

食事はサイテーだけど

まぁまぁ入院生活にも慣れてきた気がする



そして、同世代の入院患者さんとお話していたら

その方は熱心な韓流ファンとかで

韓流スターについて軽く1時間は熱弁をふるい

ちょっと疲れてきたところで

「羊巻き」なるものを伝授され

頭に乗せられました
e0333910_18081953.jpg
なんだか韓国式のほっ被りなんだとか

微妙



まぁ、あたしが今後これを被ることは二度とないでしょう

(笑)

恐るべし韓流ファン



さて、最後の夕食ですよ~
e0333910_18105304.jpg
きれいに並べたのはあたしです

来た時は
e0333910_18121217.jpg
こんなでバラバラ

もう少し食べる人のことも考えて配膳して欲しいですね

(笑)

さて、この日

ぶっ壊れたあたしの装具が

持参した3年前に使ったもう少し簡単な装具に変わりました
e0333910_18145950.jpg
これで明日帰ります

今晩寝れば、明日は帰れる

そんなうれしい就寝前

とんでもなく悲しい出来事がありました



術後のあたしの膝にはほぼ常時

アイシング用の保冷剤が乗っけられています
e0333910_15552692.jpg
その保冷剤は、1日に2回ほど

「氷、必要な方いますか」って看護師さんが配りに来る

最初の頃

看護師さんが言う「氷」が

あたしの膝に乗っかっている保冷剤を指すとわからなかったんだけどね

(これも事前説明一切無し)

入院最後の夜

保冷剤を交換してもらうタイミングを逃してしまったので

自分でナースステーションまで新しい保冷剤を貰いに行きました

製氷室はナースステーションの向かい

わざわざナースコールでお願いするのも悪いので

松葉杖ついてゴトゴトすごいゆっくりなんですけど

ナースステーションに行って

傍にいた看護師さんに「新しい保冷剤をいただけますか」ってね

製氷室は目の前だからそんなお手間なことをお願いしたつもりは

全く無かったんですが







その看護師さんはジロッとあたしを見て

「夜勤が来たらやらせますから、部屋に戻っててください」といいました



はぁ

あたし、わざわざ部屋からやってきたのよ

松葉杖ついてヨタヨタと

製氷室とナースステーションの間に立っているあたしに

ビシッとそう言い放った看護師さんは

チラッとあたしを一瞥しただけでそれ以上何も言いませんでした

あまりの対応にあたしは唖然

と、同時に

やっぱり怒りがぁ~



あんまり悔しいので製氷室から勝手に持っていってやろうかと

思ったりしながら

部屋に戻らずに、その場に呆然と立ちつくしていたら

通りがかった他の看護師さんが

「どうしました」って聞いてくれて

保冷剤が欲しいことを伝えると

目の前の製氷室からさっさと新しい保冷剤を出してきてくれて

あたしの持っていた溶けちゃった保冷剤と交換してくれました

その間10秒ほど



こんなことでいちいち腹を立てるあたしが間違っているんでしょうか

そんなことを考えながらその日の夜はなかなか寝付けなかったのでした

つづく




にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ

メールはこちら

[PR]
# by lourdes-ashley | 2016-09-17 17:11 | 前十字靭帯再建手術 | Comments(0)