前十字靭帯再建手術4 手術から二日目


大学病院などの大きな病院は

病棟ごとに師長さんがいて

同じ病院内でも雰囲気が全く違うことが多い

そういう意味で

今回、あたしが入院した病棟は何かと対応が悪く

ちょっとどーかなって思うことが多々あった


それは手術から二日目の朝

起床時間の6時になっても

部屋の電気すらつかず

何の用事もないんだろうけど

あたしのベッドには誰も来ない

検査がある人のベッドには看護師さんがバタバタと出入りしているけど

あたしのところには来ない



起床時間から20分くらい過ぎた頃

部屋に電気が点く

それでも誰も来ない

まだ自由に動けないあたしは

ベッド周りのカーテンを開けることも出来ないので

そのままじっとベッドで寝て待つ

7時ごろ

あたしのベッドをチラッと看護師さんが覗きに来た

トイレにも行きたいし

やったーって思う間もなく

あたしのベッドをチラッと見ただけで

看護師さんは行ってしまった

「おはようございます」の一言もないの

なんなんだこの病棟は

それに術後二日目なのに

検温にも来なければ

1日2回点滴している抗生剤も入れに来ない

大丈夫かなぁ~

結局、8時の朝ごはんが運ばれてくるまで

あたしのベッドには誰一人きませんでした



朝ごはん
e0333910_09432888.jpg
MAXにトイレに行きたかったのと

ほったらかされているという怒りで食欲が無く

朝ごはんが喉を通らない

もうなんだか何にも食べたくない気持ち



朝ごはんが終わってから

やっと車いすでおトイレに連れて行ってもらい

その間、3回位

「朝の抗生剤、まだなんですけど」って聞いたんだけど

まだです

確認します

日勤が来たら

など

その都度、はぐらかされている感じで

本当にどーなっちゃってるのこの病棟

そうこうしているうちにやっと朝の抗生剤と検診が来て

あっという間にお昼ご飯
e0333910_18352921.jpg

なんだかものすごく生臭いシーフードカレーと

食べたことない味のどことなくガソリン臭い牛乳プリン



この頃はもうおトイレに連れて行ってもらうのも嫌で

おトイレに行きたくならないように

飲まず食わずの断食道場状態

食べたり飲んだりしたらトイレに行きたくなる

ナースコールで看護師さんを呼ぶのが面倒

そんな感じでした

でも

さすがにお腹が空くので夕ご飯はおかずだけ頂きました
e0333910_18413482.jpg
お夕飯のおかずは

美味しくはないけど食べれないほどではないので

デザートのすいかとシャケを頂き

就寝



手術から2日目のこの日(月曜に手術したから水曜日)

足の痛みは、アセトアミノフェンが効いているうちはほとんど無く

痛み止めが切れてくると

ちょっと痛いくらい

初日の痛みに比べれば痛くも痒くもない程度

(笑)

ちなみに足はこんな感じです
e0333910_10484869.jpg
まだ、絶対曲げちゃダメ~な状態

でも、ちょっと動くと痛くて曲げたくてもできません





この足に着いている装具にも問題があって

なんか太ももが痛いなぁ~って思って

必死の思いで見てみると

こんなことになってました
e0333910_10530178.jpg
をぃをぃですよ

装具が壊れちゃってて中の金具が飛び出して

あたしの太ももに刺さってます



ただでさえ、患部が痛いのに

これ以上余計な痛みは嫌なんですけど







このことを看護師さんに訴えると

ガーゼで応急処置
e0333910_10540276.jpg


結局、壊れていないものと交換はしてもらえず

応急処置のガーゼはすぐにずれちゃうしで

まったくどーなってんだよこの病棟はよ



はぁ~ぁ~

つづく




にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ

メールはこちら

[PR]
by lourdes-ashley | 2016-09-10 15:22 | 前十字靭帯再建手術 | Comments(0)
<< 前十字靭帯再建手術5 手術から... 前十字靭帯再建手術3 手術翌日 >>